CATEGORY

りんごへの想いTHOUGHTS ON APPLES

  

りんごの本音。

青森と言えば“りんご”。りんごと言えば“青森”

誰しもが答えられるこの質問。日本一の生産量を誇る青森りんごは、あまりにも有名です。

でも、その話題だけで終わってしまうのはもったいないほど、りんごには多くの魅力があるのです。そして、その日本一の産地で作られる青森りんごだからこその魅力も。

その魅力をもっともっと伝えたい。きっとそれは、りんご自身も思っているはず…

りんごの力。

An apple a day keeps the doctor away.
1日1個のりんごは医者を遠ざける。

この有名なフレーズは、イギリスのウェールズ地方に古くから伝わることわざで、毎日りんごを食べることが健康に良いことを意味しています。

りんごには、

カリウム(塩分排出)
食物繊維(整腸作用)
ビタミンC(抗酸化作用)
りんご酸・クエン酸(疲労回復)

といった成分が豊富に含まれ、医学的にも様々な効能が認められています。

高血圧症、動脈硬化症、むし歯、胆石症、貧血、胃腸障害、大腸がんの予防などがあげられ、研究が進むにつれ更なる効果が見つかってくるでしょう。

風邪をひいたとき、お見舞いの品として、赤ちゃんの離乳食…
単なる1つの食材ではなく、暮らしの中の様々な場面に登場してきたりんご。

りんごの持つ力の奥深さは計り知れません。

 



りんごの国、青森。

なぜ、青森がりんご生産量日本一なのか。
青森りんごは、主に津軽地方を中心に生産されています。

一面の雪に覆われる厳しい冬。
日本海から吹き込む季節風。
岩木山のふもとに広がる火山灰土壌。
世界遺産「白神山地」から流れ出る豊かな水流。

この豊かな津軽の自然が、りんご栽培に適しているのです。その品質は世界一と言われており、世界中から注目されています。

そして、青森りんごの生産量は、貯蔵技術の発展にも大きく支えられています。県内には700を超える貯蔵施設があり、その貯蔵方法を約半数を占めるのがCA(Controlled Atmosphere Storage)貯蔵です。これは、空気組成を人為的に調整して低温で管理し、りんごの呼吸を抑制する貯蔵方法で、1年中新鮮なりんごをお届けできるしくみが整っているのです。

 


りんごの品質を支える「じょっぱり」精神。

津軽地方には「じょっぱり」という方言があります。これは、負けず嫌いで頑固な津軽の人たちの気質を表現したもので、青森りんごの高い品質は、生産者の「じょっぱり」精神が支えているのです。

冬の間の整枝・選定作業に始まり、1年を通じて様々な作業が発生しますが、そのほとんどを手作業で行い、その作業量は、10アール(1,000㎡)あたり約223時間と言われています。

熟練した技術の生産者は1つ1つのりんごを丁寧に丁寧にこだわりぬいて育てる。
ここから、より美味しい、より高品質な青森りんごが生み出されるのです。

りんごの新たな力。新たな可能性。

生で食べてもおいしいりんご。
そのりんごを乾燥させることで、その栄養素は大幅にアップするのです。

カリウムは1.5倍に。
食物繊維は5倍。
ビタミンCは驚きの50倍。

りんごの持つ力が乾燥させることで飛躍的に伸びる。
りんごの新たな力。新たな可能性。

りんご茶(りんごパッケージ)ティーバッグ✕5包
通常価格
500円
販売価格
500円
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
まるでりんご
通常価格
650円
販売価格
650円
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
りんご香茶(袋タイプ)ティーバッグ✕5包
通常価格
600円
販売価格
600円
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
青森りんご入り青汁
通常価格
2,400円
販売価格
2,400円
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
【機能性表示食品】プロテオグリカンタブレット10mg
通常価格
3,800円
販売価格
3,800円
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
【7daypack】青森プロテオグリカン入り青汁
通常価格
1,000円
販売価格
1,000円
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
りんご茶(りんごパッケージ)ティーバッグ✕5包
通常価格
500円
販売価格
500円
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
ラ・フランス茶(袋タイプ)ティーバッグ✕4包
通常価格
500円
販売価格
500円
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
青森プロテオグリカン入り青汁
通常価格
3,800円
販売価格
3,800円
通常価格
単価
あたり 
売り切れ

  • りんご香茶(袋タイプ)ティーバッグ✕5包
  • 林檎けんぴ
  • まるでりんご