CATEGORY

大麦若葉への想い

大麦の若葉。だけじゃない。

大麦と言えば、ビールや麦茶の原料として知られています。その若葉が、大麦若葉です。

大麦若葉には、“大麦の若葉”だけで表現するにはもったいないほどの豊富な栄養素が詰め込まれているのです。カルシウム/鉄/亜鉛/カリウム/マグネシウム/銅などのミネラル類/β-カロテン/ビタミンB1/ビタミンC/アミノ酸/食物繊維…

この他にも、SOD酵素、ポリフェノールの一種である抗酸化フラボノイドやクロロフィルといった特徴ある栄養素も含まれています。1つの食物でこれだけの栄養素が摂取できる。大麦の若葉が大麦を超えると言っても過言ではありません。

大麦若葉が育つ土地。

大麦はもともと中央アジアの高原地帯の産まれの植物で、イネ科の植物としては珍しく、寒暖差の大きい水はけの良い土地を好んで育つ植物です。

大麦若葉は、九州地方で多く生産されており、その理由は大麦が好む土壌と気候環境にあります。そして、無農薬栽培など日々、品質を高めるための努力を惜しまない生産者も多く、結果、青汁の原料として九州産の大麦若葉を取り入れるメーカーが増えてきています。

 




大麦若葉の栄養素は、堅い守りの中にある。

大麦若葉を食物として摂取するには、大きな課題を乗り越えなければなりません。豊富な栄養素は、硬い繊維質の中に存在しているため、摂取しようとしてもそのままでは体内に吸収されないのです。

サラダなどで摂取するのが難しい大麦若葉をいかにして摂取するか。この課題を乗り越えるために考え出されたのが、「絞る」という方法です。大麦若葉を絞って出てきたエキスこそが、皆さんの良く知る「青汁」の原料なのです。

 


∞(無限大)の可能性を秘める。

大麦若葉の栄養素で特徴的なSOD酵素。これは、スーパー・オキサイド・ディスムスターゼ(super oxide dismutase)の頭文字を取った名称で、「活性酸素を除去する酵素」という意味があります。

SOD酵素は、老化を促進させる体内の活性酸素を抑制する働きがあり、人間の体内に存在する酵素でもあります。しかし、その活動力は、加齢とともに低下する傾向があるため、何らかの形で補完していくことが薦められています。

大麦若葉に含まれるSOD酵素を気軽に摂取できれば、∞(無限大)の可能性が広がっていくのです。

りんご茶(りんごパッケージ)ティーバッグ✕5包
通常価格
500円
販売価格
500円
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
まるでりんご
通常価格
650円
販売価格
650円
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
りんご香茶(袋タイプ)ティーバッグ✕5包
通常価格
600円
販売価格
600円
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
青森りんご入り青汁
通常価格
2,400円
販売価格
2,400円
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
【機能性表示食品】プロテオグリカンタブレット10mg
通常価格
3,800円
販売価格
3,800円
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
【7daypack】青森プロテオグリカン入り青汁
通常価格
1,000円
販売価格
1,000円
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
りんご茶(りんごパッケージ)ティーバッグ✕5包
通常価格
500円
販売価格
500円
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
ラ・フランス茶(袋タイプ)ティーバッグ✕4包
通常価格
500円
販売価格
500円
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
青森プロテオグリカン入り青汁
通常価格
3,800円
販売価格
3,800円
通常価格
単価
あたり 
売り切れ

  • りんご香茶(袋タイプ)ティーバッグ✕5包
  • 林檎けんぴ
  • まるでりんご